子供

部屋を上手に使う

人間にはプライベートスペースというものがあります。
自然と人間は人との距離をとって暮らしているのです。このため、強制されなければ自然と人の周りには周囲2メートルは間隔が開くことになります。
これが崩れても、長い間でなければ耐えることは可能ですが、長時間や長期間になるとストレスが溜まってしまうのです。
それが家族でも同じことで、いくら兄弟でもすぐ隣にずっといることは耐えられない時間となるのです。
そのため、家の中でもプライベートスペースが保てるように、部屋には工夫が必要となります。
工夫の一つとして数えられるのが、二段ベッドや三段ベッドという縦の空間にスペースを割ることが出来る家具を使用することです。
二段ベッドはよく見られますが、三段ベッドは珍しい機能となっています。

二段ベッドや三段ベッドは、もともと狭い空間を有効活用できるように考えだされたものなので、空間を有効活用しようとするときはとても便利なものになります。
限られた空間を有効活用し、人間の衛生状態を守ろうとする取り組みは、潜水艦や漁船、列車で先鋭的に行なわれました。
できるだけ多くの人が乗車・乗船できるように、三段ベッドや二段ベッドで工夫する必要があったのです。
しかも、漁船などでは一ヶ月以上もの間船に乗りっぱなしになることがあるので、乗組員がその間プライベートな空間を保てることが重要になります。
こういった工夫を、家庭でも三段ベッドを取り入れることで活用することができるのです。
特に三人兄弟姉妹がいる家庭には便利な家具となります。